Illustratorで軽いPDFを書き出す方法 〜校正に丁度いいくらい〜

2013年05月01日
Illustratorで校正用のPDFを書き出すための、
画質荒すぎず&容量重すぎず、わたし的に一番ちょうどいい設定を紹介してみます。

Illustratorで軽いPDFを書き出す方法 〜校正に丁度いいくらい〜まず「互換性のある形式」を"Acrobat 4"にします。

verを最新にすると更に軽くはなりますが、イラレデータの中で透明効果を使っていると不具合が起こります。
透明効果を使ってない時は最新にするといいかも。
わたしは面倒なのでずっとAcrobat 4。

「オプション」は全部のチェックを外します。

Illustratorで軽いPDFを書き出す方法 〜校正に丁度いいくらい〜左の圧縮タブに切り替えて、以下の設定にします。

「カラー画像」「グレースケール画像」
・ダウンサンプル(バイキュービック法)"150ppi"次の解像度を超える場合"150ppi"
・圧縮:自動(JPEG)
・画質:最高

「白黒画像」
・ダウンサンプル(バイキュービック法)"1200ppi"次の解像度を超える場合"1200ppi"
・圧縮:CCITT Group 4

配置画像は150dpiあれば粗いよとつっこみが入らない程度だと思います。画質に納得いかない場合はここをカスタマイズすればOK。

この設定を保存しておくと毎回すぐ使えて便利です。
タグ:illustrator DTP PDF
posted by シュガリー at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | デザインのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Name *
Mail
Website

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。